ウッドデッキを検討中の方へ

意外と知らない?
ウッドデッキの、メリットとデメリット
長く使っていただくために
5

理想のデッキライフの実現に向けて

知っておきたいこと、一挙大公開します!

 

『デッキがあると、雰囲気がいい』

『バーベキューとかしたいよね』

 

そうですよね。

木を模したウッドデッキは、お庭の緑と相性抜群で

景観を崩すことがありません。

さらに、良く晴れたの青空の下でバーベキュー。

最高じゃないですか!

 

ですが、ちょっと待ってください。

ウッドデッキの魅力は、それだけではありませんよ!

 

★ウッドデッキのメリットって?

 

・お庭への行き来がしやすくなる

・お部屋の延長として使える

・外へ出る機会が増える

・洗濯物を干すスペースとしても活用できる

・外で食事ができる

・子どもが思いきり遊べる空間になる

・メンテナンス不要

などなど・・・

 

お客様によっては、読書のスペースとして活用されたり

趣味の家庭菜園の空間にされる方も見えます。

その人によって、使い方は様々です。

ウッドデッキは、四角い形だけではなく

L型にしたり、旗竿状にしたりと

自由度の高い商品でもあります。

 

2

 

やれることは無限大です。夢が広がりますね。

 

ただし、デメリットがある事も忘れないでください。

 

★ウッドデッキのデメリットって?

 

・直射日光に当たり続けると、50℃近くまで温度が上昇する。

・樹脂であるため、火に弱い。

・視線が気になる場合がある。

などなど・・・

 

人工木のウッドデッキは、ほとんどが樹脂です。

そのため、熱をため込みやすく

夏場の炎天下のもとにさらされていた場合などは

スリッパで歩いた方が良いでしょう

 

また、バーベキューなどで使う炭を

もしデッキ上に落としてしまった場合

跡になってしまう可能性があります。

デッキ上でバーベキューは、あまりお勧めできません。

 

ですが

このデメリットは、他のエクステリアと組み合わせる事で

解消することが出来ます。

 

例えば『温度』

6

 

炎天下に晒されたら、50°近くになるので

デッキ上にテラス等の屋根を付けて

温度を下げれましょう。

そうしたら、暖かい程度で済みます。

 

例えば『バーべキュー』

8

 

火に弱いという点は変えられませんが

要は、デッキの上で火を使わなければいいのです。

デッキの上を食事スペースにして

その周りで焼いていきましょう。

焼いたお肉を、デッキの上で食べる、と言う事なら

全然問題ありません。

 

例えば『視線』

7

 

ウッドデッキには専用のフェンスを

オプションとして選ぶことが出来ます。

目隠しタイプの物もあれば

デザイン性重視の物もあります。

ご希望に沿ったものを、お選びください。

34

 

ご紹介したフェンスは、ほんの一部です。

他にもたくさんの種類がありますので

ご興味を持たれた方は

是非、お問い合わせください。

 

★汚れてきたら

 

基本的に外に取り付ける事が多い、ウッドデッキですが

当然、雨風にさらされたら汚れます。

ですので、汚れが目立つようになったら

お掃除をしてあげてください。

 

樹脂ですので、シロアリに食べられたり

腐ってしまうことはございません。

なので、防腐剤や塗装は不要です。

 

時々水拭きしてあげるだけで十分です。

もし、傷が付いたりしたら

ヤスリでこすってみてください。

綺麗に消えますよ。

いくらメンテナンスフリーとは言えど

長く、綺麗に使っていきたいですよね。

 

最低限のお掃除をお願いします。

 

1

 

家にはつかないかもしれない。

こんな使い方が出来るだろうか。

疑問に思ったなら

あきらめてしまう前に、一度プロにご相談ください。

もしかしたら、予想以上のもの

つけられるかもしれませんよ。