常緑樹or落葉樹 植栽はどっちの方が良いの?

たくさん種類がある植栽、まずは大きく2つに分けた常緑樹と落葉樹の違いのご紹介です。
DSCN9358

 

お庭をより華やかにするために植栽を考えられるお客様は多いです。

特に、シンボルツリーが1本あるだけでも、お庭の見た目が良くなりますし、

お子様と一緒に写真を撮って、成長記録にする、なんてこともできます。

でも、シンボルツリーに向いている木といってもたくさんあり、

何が一番いいのかわからない!

そんな方が多いはずです。

そこで、どのようなものがあり、おすすめなのか紹介したいと思います。

 

常緑樹落葉樹

 

木は大きく分けると、常緑樹と落葉樹に分けられます。

 

尾張旭市 門周り植栽

常緑樹

常緑樹は常に青々とした葉が茂っているものを指します。

冬でも葉の鮮やかな緑を楽しみたい方にはおすすめです。

さらに、目隠し効果にも期待できますので、

自然に外からの視界を遮りたい方にもおすすめです。

シマトネリコ、ソヨゴ、常緑ヤマボウシなどが人気です。

 

メリット

・常に緑が楽しめる

・目隠しに向いている

・落ち葉が少なく、掃除が楽

デメリット

・季節感が楽しめない

・常に葉があるので、暗くなってしまう

 

IMG_3825

落葉樹

落葉樹は春に芽吹き、夏には青々と茂り、秋には美しく紅葉し、冬場にはが散ってしまう、

季節を見た目で楽しめるものになっています。

夏場は日差しを遮ってくれて、冬場は暖かい日光を取り込む隙間を作ってくれるので、

省エネにもつながります

モミジ、アオダモ、ヤマボウシなんかが人気です。

 

メリット

・お庭の季節感を楽しめる

・季節に合わせて日を遮ったり取り入れたりしてくれる

デメリット

・落ち葉の掃除が大変

・冬場は見た目がさみしくなってしまう

 

どっちがおすすめ?

植栽に何を求めているかによります。

 

お手入れの手間をなるべく少なくしたい、

どの季節でも鮮やかな緑を楽しみたい、

そんな方には常緑樹

 

季節感を楽しみたい、

寒い時期は適度に光を取り込みたい、

そんな方には落葉樹

 

が、それぞれおすすめです。

 

常緑樹落葉樹を両方植えて頂ければ

季節を楽しみつつ、常に緑も楽しめる

なんていいとこどりをすることもできます。

 

どの場所になにを植えたらいいかわからない、自分の家に合った植栽がわからない

そんな場合は是非、庭造にご相談ください!!

お客様の要望に合ったものをお探しします。